メニュー

助成(補助金)について

治療用メガネの保険適用

補助金について

ー申請すると払戻しを受けられますー

(日本眼科学会)
小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給について
平成18年4月1日より、小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズ(以下「治療用眼鏡等」という)の作成費用が、健康保険の適用となり、患者様負担割合以外の額が療養費として償還払い扱いで、患者様に給付されることになりました。対象年齢は9歳未満で、上記の「治療用眼鏡等」が給付対象です。一般的な近視などに用いる眼鏡やアイパッチ、フレネル膜プリズムは対象となっておりません。

健康保険組合によって申請用紙が異なります。
ご加入の健康保険組合の窓口までお問い合わせ下さい。

対象者:
9歳未満の被扶養者

給付額:
障害者総合支援法の規定に基づく補装具の種目「眼鏡(36,700円)」「コンタクトレンズ(15,400円/1枚)」×1.048(平成26年度)を上限とし、 実際払った金額の7割が保険給付されます。(義務教育就学前までは8割給付)

例:30,000円の眼鏡を購入
→ 30,000円×0.7=21,000円
50,000円の眼鏡を購入
→ 38,461円(支給上限額36,700×1.048)×0.7=26,922円

更新:
5歳未満の小児に係る治療用眼鏡等の更新については、更新前の装着期間が1年以上あること
5歳以上の小児に係る治療用眼鏡等の更新については、更新前の装着期間が2年以上あること

良い眼鏡を眼鏡専門店で購入してください。
フィッティングなど調整ができない眼鏡は、子どもの治療には向きません。
※Jkidsは子ども用めがねとして適したメガネフレームです。

申請までのおおまかな流れ:

申請の流れ
医師による診断
制度の利用意思の確認
眼科医より必要書類の受け取り
①「治療用眼鏡等」の作成指示書の写し
②患者様検査結果
眼鏡販売店で治療用メガネの購入
③対象のお子さまの名前が記入された領収書をもらう
加入している健康保険組合等から「療養費支給申請書」を入手
「療養費支給申請書」に記入
必要書類(①②③)を添付
各健康保険組合に申請書を提出
助成金の受け取り